両親への手紙

両親への手紙 文例

両親への手紙とは、今までの感謝の気持ちを、手紙にしたため読み上げるセレモニーです。読み上げた後に、記念品を添えて渡します。

涙が登場する感動のセレモニーとして、人気のある演出です。
新婦が読み上げる事が多いですが、感謝の気持ちを手紙という形で表現したいと思えば、新郎が行っても新郎新婦2人がそれぞれ行っても構いません

もちろん恥ずかしいと思う方もいるでしょう。両親への手紙は、結婚披露宴中に読み上げるセレモニーとして扱われていますが、恥ずかしいと感じるのであれば、別の形で渡してももちろん構いません。

両親への手紙と現状

両親への手紙は結婚披露宴中に読み上げるセレモニーとして、広く行われていますが、そんな内輪な事を結婚披露宴中にせず、別の時にやってほしいという意見もある事を、頭に入れておいて下さい。

感動のセレモニーも、ゲストの事を考えずに行っても、シラけてしまいます。結婚披露宴中に読み上げるのではなく、ハネムーン中に届くようにポストに投函したり、渡す方法はいくらでもあるのです。

結婚式両親への手紙 文例

文例と注意点、テクニックも紹介していきますが、あくまで参考程度に思って下さい。感謝の気持ちを伝えるのに、マニュアルは存在しません。

あなたの素直な気持ちを表現して伝えましょう。それこそが、最も喜ばれる両親への感謝の手紙になる事を忘れないで下さい。